So-net無料ブログ作成
検索選択
1/50建機モデル ブログトップ

LIEBHERR LTM1050-3.1 #9478 WSI [1/50建機モデル]

発売されたばかりのWSI製建機モデル、リープヘルの50t吊オールテレーンクレーンを納車です。
我が家初導入のクレーンモデルになります。クレーンモデルは各社から様々なモデルが製品化
されており、建機ではいちばんクレーン車が好きな僕も500t吊以上の超大型クレーンが欲しいと
思っているのですが、実車同様に大型になるにつれその価格もびっくりするようなお値段(メルの
機関車が数両ポンと買える金額…)なので未だに導入出来ずです(汗)

そこで、いつかそのような超大型機を導入した際に、その超大型機のカウンターウェイトや
延長用ブームを例の赤いバラストトレーラーに積み込み作業を再現出来るように、そこそこの
大きさのモデルから導入しようと考えてやってきたのが今回のリープヘルです。
RIMG1024.JPG
バラストトレーラーと同じく、オランダ・WSI製のリープヘルLTM1050-3.1。このモデルも
専用箱に入っており、どうやらリープヘルのオフィシャルモデルになっているようです。
50t吊は、リープヘル製オールテレーンクレーンの中では小さい部類に入る車です。

ディテーリング。
RIMG1025.JPG
RIMG1026.JPG
RIMG1029.JPG
RIMG1032.JPG
ワイヤーは既に取り回し済み。他社のモデルは購入後に自分で作業するモノが殆どなので、
箱から出してすぐに動かせるのはありがたいところ。パイピング類もしっかりと再現されていて、
これがあるのと無いのでは見栄えが全然違います!
右の方に銀色の突起物が見えると思いますが、ここに付属の専用工具を差し込んでウィンチを
動かしワイヤーを巻き取れるようになっています♪
リア周りはプラパーツが多く若干シャープさに欠けますが、豊富なディテール再現で良く出来て
います。カウンターウェイトは4分割になり、もちろん取り外し可能です。
タイヤも実車同様6軸ステア可能です。公道走行時は、基本的に前輪のみをステアさせるよう
です。

場所を趣味部屋に移して、いよいよ吊り上げ作業の開始です(笑)
まずは4つのアウトリガーを張り出す準備を、というところでちょっとビックリ・・・
RIMG1040.JPG
RIMG1041.JPG
RIMG1042.JPG
受けが一体型ではなく、まず張り出させた後に受けの上にある小さなピンを抜き、受けを少し
スライドさせた後にピンを戻して固定させるという芸の細かさ(汗)
高さはネジのようにクルクル回して調節するのですが、ネジ山が外から見えないように足の
内部に内臓されているという懲りようです。
付属アクセアリーの敷き鉄板(コレはプラ製)を敷いて、準備完了!

ブームを起動させ、ウゥゥ~ンと伸ばしていきましたが・・・
RIMG1048.JPG
RIMG1045.JPG
ジブを付けてフルブームにすると、ファインダーに収まらなかったので2段目まででお許しください。
50t吊でこの高さという事は、500t吊になったらと思うと・・・
コントロールキャブも実車同様チルトします。写真に写らなかったので載せませんでしたが、操作基盤
等もちゃんと再現されていて、オペレーターのフィグを乗せてみたいです。

さて、このWSI製クレーンモデルですが、欧州型クレーンモデルとしてはスーパーディテールモデルの
部類に入ると思う程とても良く出来たモデルでした。メタルとプラを上手く使い分けたディテール表現が
秀逸で、ほぼフルメタル製のNZG製モデルには無い完成度が魅力的です。ただし、その分、手にして
動かす時は注意してチカラを入れないとバキッと壊してしまいそうで怖いのも事実です。
それと、説明書というものが付属していないので、ある程度の知識がないと細かいパーツの使い方
等は解りづらいかもしれません。


おまけ…
RIMG1053.JPG
我が家の建機ヤード全景。このクレーン車がやってきたので満車になってしまいました。超大型
クレーンがやってきたらどうしよう…でもやっぱり欲しいなぁ…


ではまた!
nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

MAN TGX 8x4 ”GIVE SVERGODS” #756/03 NZG [1/50建機モデル]

このブログではおなじみのMAN重トラクターですが、今日のは1/87ではなく1/50スケールです。
実は、今までNZGではMANのTGXやTGAは製品化されておらず、完全新規モデルとして登場
しました。 ドイツのモデルメーカーなのに、どうして今まで製品化されなかったのか不思議・・・

さて、我が家にやってきたのは、何種類か製品化されたものの中のひとつ、世界限定500個の
「GIVE SVERGODS」仕様。
RIMG0926.JPG
RIMG0923.JPG
RIMG0925.JPG
ノーテブームよりも若干濃いめの赤いボディに、シルバーのラインが映える独特な佇まい。
NZG初の製品化といえど、MANの特徴をしっかりとおさえています。フロント2軸のステアも
今までのトラクターモデルよりも切れている感じがします。
重トラクター仕様なので、フロントのカプラーやリアのバックパックも装備。とくにバックパック
は、トレーラー制御用のケーブル類も付いていてリアルに出来ています。

このモデルはトラクター単品モデルなので、トレーラーが付属していないのが寂しいところ…
まぁその方が、既にトラックヤードのスペースが無い我が家では嬉しい気もするのですが(笑)
遊ぶ時は、既に在籍済みのノーテブームのトレーラーを牽かせようと思います。

ではまた!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NOOTEBOOM Ballasttrailer #9569 WSI [1/50建機モデル]

今夜も1/50建機モデルを載せようと思います。
ほぼ1年ぶりに導入した1/50トレーラーモデルで、我が家初導入の「バラストトレーラー」
というタイプのものです。

我が家にやってきたのは、真っ赤な塗装がカッコいいオランダのノーテブーム社オフィシャル
モデル。オランダのWSIというモデルメーカーが製作しています。
RIMG1007.JPG
バラストトレーラーとは、クレーン車に取り付けるカウンターウェイトや延長用ブームを主に
運ぶ為のトレーラーです。モデルはシングルタイヤ6軸仕様。

トレーラーディテール。
RIMG1009.JPG
RIMG1017.JPG
RIMG1018.JPG
RIMG1012.JPG
RIMG1010.JPG
シングルタイヤでありながら、6軸も並んでいるのでなかなかの迫力です。実車同様、モデルでも
しっかりとステアしてくれます。サスも仕組んであり、外から見えない所まで良く 出来ています。
ステアロッドや油圧シリンダ、パイピング等も施されており細かいところも非常にリアル。実車では
オプションとなっているコンテナハウスも搭載しています。保護棒も別パーツで付属していますが、
僕の好みで取り付けない事にしました♪

トラクターディテーリング。
RIMG1008.JPG
RIMG1014.JPG
RIMG1015.JPG
このスケールでは我が家初のボルボFH3次型。8×4の重トラクタ仕様で、シンプルなバックパック
を搭載しています。既に導入済みのNZG製スカニアと違い、こちらはキャブチルトしてエンジンを
しっかりと見る事が出来ます♪フロント2軸はちゃんとステアしてくれますが、NZG製よりも舵角が小
さいので若干リアリティに欠けます(汗)

スカニアのノーテブーム仕様と並べて記念撮影♪
RIMG1023.JPG
もう死語ですが・・・萌え~ぇ☆(笑)

さて、今回は初めてのバラストトレーラーで、しかも初めてのWSI製モデルという事でかなり楽しみ
に到着を待っていましたが、期待を裏切らない完成度で大満足しています。
作風は解りやすく言うと、NZGがメルクリンならWSIはフライシュマンといった感じでしょうか・・・
鉄道模型については浮気する気がないので、これからもずっとメルオンリーでいきますが、このテ
のトレーラーモデルについては・・・

ではまた!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

WIRTGEN Cold Milling Machine W100F “KUTTER” #763/01 NZG [1/50建機モデル]

3月になって初めてのブログでございます・・・
職業柄、3月というのは年度末であり、僕が担当する4つの工事現場は完成検査を受ける為に
連日夜遅くまで検査対応に明け暮れており、中々ゆっくりとした時間がとれませんでした(汗)

さて、久しぶりのブログ更新は、これも久しぶりの1/50建機モデルネタです。
ヴィルトゲン社のコールドミリングマシーン、いわゆる路面切削機という機械のW100F型です。
RIMG09401.jpg
路面切削機というのは、簡単に言ってしまうと道路の表面を削る機械です。古くなってしまった
道路の舗装をやり直す際、新しいアスファルトを敷設する為に古い道路の表面を削る事を目的に
使います。

ヴィルトゲン社の動画がコレ。
http://www.youtube.com/watch?v=YDXzQi5_1Vs

モデルも実車同様ギミック満載です。
RIMG09341.jpg
RIMG09361.jpg
RIMG09351.jpg
RIMG09381.jpg
キャタピラはステアはもちろん高さ調整可能も可能で、右後ろは横にスライドさせる事も出来ます。
カバーを開けるとカッターがあり、3種類のモノに交換可能になっています。このカッターでガリガリと
舗装面を削っていきます。運転席の屋根も運搬時の姿を再現する為、ちゃんと高さ調節が出来ます。
リア周りもディテールフルで、ステップも可動可能です。

作業シーンはこんな感じ・・・
RIMG09441.jpg
ダンプが切削機のスピードに合わせて先行し、カッターで削ったアスファルトを象の鼻のように見える
ベルトコンベアーでダンプのナベに落としながら作業を進めていきます。
この後ろにアスファルトフィニッシャーが続き、ローラーで固め道路の舗装工事が完了といった具合
です。生憎、我が家にはフィニッシャーもローラーも在籍していないので、工事はこれで中断です(笑)

ではまた!
nice!(1)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

NOOTEBOOM Pendel X Euro Low-Loader #215.03.64 NOOTEBOOM/NZG   [1/50建機モデル]

本来であれば、テレックスのエクスカベータと同時に納車する筈であった
トレーラーが一日遅れて無事に到着しました♪

今回納車したのは、既にUPしている青いトレーラーと同じノーテブーム
の最新型低床式トレーラー、ペンデルXユーロロウローダーの3軸タイプ。
RIMG0322.JPG
コーポレートカラーである赤い塗装を纏った、ノーテブーム特注仕様です。
箱もオリジナルのものになっています。

青いモデルと違い、こちらは床がフラットではなく凸形になっています。
RIMG0334.JPG
RIMG0323.JPG

幅広の積荷に対応する為のエクステンションと、シルバーに塗装された
パーツは脱着可能。
RIMG0324.JPG
外すことによって床に窪みが出来、ホイールローダー等のタイヤを装着
した重機を積載する事が出来るようになります。

トラクターはスカニア。
RIMG0327.JPG
RIMG0332.JPG
オーソドックスな3軸の重トラクタですが、ハイルーフ仕様になっており
単体でも非常にカッコいい車です。前輪はもちろんステアします。サイド
にはペンデルXの大きなロゴが描かれています。

リア回り。
RIMG0328.JPG
RIMG0330.JPG
フューエルタンクはメタル製の素材を生かし無塗装。踏み板はプラ製ですが、
質感がリアルでメタル製のように見えます。

さっそくテレックスのエクスカベータを積み込んでみます♪
RIMG0335.JPG
積み込みは、写真のようにグーズネック(連結器)を外して行います。

いざ、現場へ出発!(笑)
RIMG0321.JPG


ちなみにペンデルXの実車はこんな感じ・・・
http://www.youtube.com/watch?v=T7Dd7pFqew4

ではまた!
nice!(3)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

TEREX TC225LC #698 NZG [1/50建機モデル]

ミニカーネタが続きます(汗)
そろそろメルクリンネタを書きたいのですが、僕が発注している車輌がやってこないので
なかなかUP出来ず・・・
もうしばらくミニカーネタにお付き合い頂ければ幸いです。

さて、先日メルセデスの4軸ダンプが我が家にやってきて以来、実はずっとエクスカベータ
の導入を検討しておりました。
ダンプがあるのに、土を載せる為のエクスカベータが無いというのも納得がいかず(笑)、
色々検討した結果、TEREX社のTC225LCというモデルを購入してみました♪
わが国が誇る重機メーカー、コマツのPC200という形式とどっちが良いか相当悩みました
が、ダンプが4軸という外車らしいタイプだったので、あえて同じドイツ車にしてみた次第
です。


NZG製、1/50のTEREX TC225LC。
RIMG0310.JPG
RIMG0311.JPG
日本車で良くみかけるイエローオレンジと違い、ホワイトを基調にしたボディカラーが新鮮。
このモデルも先日UPしたトレーラー同様、小さなパーツを除いてメタル製なので非常に重量感
があります。なかなか斬新なデザインのテールランプとウィンカーは塗装で再現されています。

キャブその他
RIMG0312.JPG
RIMG0313.JPG
RIMG0314.JPG
写真では解り辛いですが、運転席内もレバー類等ちゃんと再現されています。配管類も省略
されず、なかなかリアルです。キャタピラはメタル製で、1枚ずつ組まれており本物のような質感!
正直なところ、完成度にはあまり期待していなかったのですが、さすが老舗のNZGだけあって
とても満足出来るモデルでした。

さっそくメルセデスのダンプと並べてみました♪
RIMG0318.JPG
これでジオラマ風に地面を作って置いてみたら、本物みたい・・・(汗)

余談になりますが、このエクスカベータを積むのに調度良いトレーラーも発注していたのですが、
店員サンが間違えて別のモデルを送ってきてくれちゃいました。
その間違って送られたモデルも非常にカッコいいのですが、とても差額を支払う余裕もないので
注文したモノの到着と引換えに返品することにしました。

しばらく眺めていても良いとの事なのですが、早く返品しないと魔がさしてしまいそう・・・

ではまた!



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

SCANIA 4axle + NOOTEBOOM Pendel X Trailer #658/20 NZG [1/50建機モデル]

我が家のメルクリン車輌棚の上はミニカーのストックヤードになっており、そこに鎮座するのが
僕のトレーラーミニカーコレクションのヌシであるこのモデルです。
RIMG0333.JPG
モデル全長は50cmを軽く超え、伸縮可能な荷台を伸ばすと約65cmにもなります。
細かいパーツを除き、ボディはフルメタル製の為非常に重く頑丈な造りになっています。

RIMG0334.JPG
RIMG0336.JPG
RIMG0337.JPG
2軸のジープドーリーを装着することにより、実車は更に重いモノを運べるようになります。
モデルでもこのジープドーリーは脱着可能になっており、あるのと無いのでは見た目もかなり
変わってきます。
トレーラーも実車同様で、5軸がリンクしてステア可能であり車高調整機能も備わっています。
テールランプは別パーツではないのですが、シッカリとしたレタリングで好感が持てます。

スカニアのR500、4軸トラクター。
RIMG0338.JPG
アクトロスのダンプ同様、このトラクターもノーマルルーフ仕様。前2軸はもちろんステア可能です。

Herpa製1/87のMANトラクターと並べてみました。
RIMG0340.JPG
その大きさがお解りいただけるでしょうか・・・


メルクリン同様、NZGもさすがドイツのモデルメーカーだけあって頑丈で本当に良く出来たモデル
をリリースしてきてくれますが、価格もそれなりであり、なかなか手が出せない状況です(汗)
特にトレーラーモデルは人気もあって、入荷数も少ないので購入する時には高い決断力が必要
です(笑)

ではまた・・・



nice!(2)  コメント(6) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

Mercedes-Benz Actros 4151 Meiller Kipper #741/20 NZG [1/50建機モデル]

我が家には、ほんの少しですが1/50スケールの建設機械モデルも生息しています。
本日、久しぶりに新しいモデルを手に入れたので、これを機会に順次UPしていこうと
思います。

本日やってきたのは、NZGというドイツの建機モデルメーカー製のメルセデス・アクトロス
4151型ダンプトラックです♪
RIMG0310.JPG
4軸のダンプというのは、国内では見かけませんがヨーロッパでは結構メジャーなタイプ。
モデルは今年の新製品で、ブルーの塗装がとてもキレイクルマです。

フロントおよびリア周り。
RIMG0319.JPG
RIMG0312.JPG
Herpa製1/87のハイルーフ仕様を見慣れているせいか、ノーマルキャビンは新鮮に感じます♪
タイヤはもちろんステアします。テールレンズにはちゃんと色入れがしてあるので、見栄えも良く
なかなかリアルです。

マフラー他。
RIMG0314.JPG
RIMG0316.JPG
RIMG0315.JPG
リアタイヤフェンダーなどは、本物の金属のような質感です。この辺りの表現はさすが1/50。
実車は3転式なのですが、モデルは後ろに傾くだけ・・・ちょっと残念(汗)

老舗NZGのモデルなので、非常にバランス良くまとまっており満足度が高い製品でした。
購入したお店では、3軸車と共に入荷後すぐに売り切れてしまったようです。

僕のコレクションは、あくまでもメルクリンを主体とした1/87スケールモデルがメインなのですが、
今後は1/50建機モデルも少しずつ増えていくと思います♪

ではまた!
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
1/50建機モデル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。